忍者ブログ
スー姫と、おかーニャンとの            だらけた日々をしたためるニャン! Naoki兄ちゃんの活躍なんかも期待してるニャン!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



久々の生音のコンサート!
そう、耳の手術後、初のコンサートは、
クラシックではなく、絶対に聞きたかったジャズセッションだった。。。

手術後2ヶ月近くなってるし、きっと大丈夫!と見越して、
手術前に早々とチケットをゲット!

なぜそんなに、私が行きたかったかと言うと、
小曽根真さんのピアノもさることながら、
ゲイリーバートンのビブラフォンを聞きたかったから。。。

Naokiから随分前に聞いたバートングリップ
マリンバなどもそうだけど、
4本バチを巧みに使うためにいろんな持ち方がある。
そんな中、バートンの持ち方は特別なんだそうだ。

彼の素晴らしい、技と音色を聞きたくて楽しみに出かけた。


会場は、往年のジャズファンや、
音楽を学ぶ若いミュージシャン達で熱気を帯びていた。。。
当然のことながら、 3,000人近くの会場は満席。
そして、なんと
座席への中央入口から小曽根真さん登場!
拍手喝采で、舞台へ駆け上がる。
『普通に出てこれないんですよね』
と、笑いを取るあたり、出身地神戸の血が騒ぐのか!?

そして、舞台にさりげなくバートンが紹介され、やはりさりげなく音楽スタート。。。

ただでさえ、マリンバより音を増幅させるヴィブラフォンと言う楽器は、
耳障りの良い音色を出すのだけれども、バートンにかかったら夢見心地!
思ったより、鍵盤数の少ない小さな楽器なのに、
バートンが作り出す音色は、無限に拡がる!

単純な、セッションかと勘違いしていた私だけれど、
なんとバートンが認めてグループに引き入れたのが小曽根真だった。

そのくだりが、こちら

ジャズって、あまり主題みたいなものをおかずに、作曲されているものなのだと思い込んでいた私。。。
ところが、しっかりとしたテーマを音楽で表現されていると知った!
それを知った上で、曲を聞くとその雰囲気に入り込めるのが楽しい。

後半最初に演奏されたFat Cat
決して名前が気に入ったわけではなかったけれども、私の中でお気に入りの曲になった。
ちなみに、クルーザーの名前なんだそうな。。。太った猫!?



最後の、フランスツアーのも、なかなかの圧巻!!!

どっぷりと癒しのjazzに浸りきったコンサートだった。。。

当然、 CDを2枚
買いあさり、楽しみにしている。。。
Naokiの手元にあり、そのうち、私に来たら、しっかり復習するぞ!
と、鼻息の荒い私だった。

あ。。。そして。。。
なんと、小曽根さんのご両親が聞きにいらしていた!
恥ずかしそうに、紹介する真さん。
父親のジャズのDNAをしっかり受け継いだ彼。。。
地元開催は、また一味違ったかも!?


では、うちのFat Catの4コマ漫画を。。。








拍手[1回]

PR
病院の朝は、早い!
っていうか、9時には、退院しなきゃ!

そうなんです。。。
こちらの病院は、1泊入院が、ウリ!の病院。
以前に、ネットで調べると、1週間〜10日間入院が多い中、『エエッ⁉』の早さ。。。

気になって、聞いたところ
『これと言って、やる事ないんですよ
こちらで、手術される方は、近くに住んでらっしゃる方がほとんどで、
何かあっても、直ぐに対応出来ますし!』
なるほど。。。
もし、めまいとか酷くて、退院出来なければ、
提携の大きい病院に移って対処するそうな。。。
ってことで、お気軽入院!


そして、朝食は、温かいロールパンと、ブレンドコーヒーが出た。
病室にある洗面台で、ハミガキと顔を洗ったけど、
まだサスガに喉も本調子ではない。。。
そんなこともあり、何とか食べなきゃ!って焦るけど、
ま。何とか食す。って感じ。。。

昨日よりは、だいぶ、ふらつきも良くなってきたけど、
手術着を着替えて、普通の服を着なきゃ!

真冬じゃ無くて良かった〜
前開きのか、大きく襟の空いた服でないとダメだし。。。
大きな襟ぐりの長袖Tシャツ1枚で、OKなのは、嬉しい限り!!!
ともかく、頭は動かしたくないから。。。

言われてたんだけど、つい、いつもの調子で、鼻を咬んでしまった!
ペッコォ〜ン
大きな音で、恐らく、鼓膜が振動した!!!
ビードロみたいな感じ。。。
勿論、もれなくクラッ!も付いてくる
大丈夫か!?私。。。


そうしていたら、Naokiが迎えにきてくれた!
やはり、ありがたい限り。。。

そして、3階の耳鼻科に向かい、お金の精算と診察を受ける。

まだ、耳を覆う大きなガーゼは、有るけど、
もう明日からシャワーOK
次回診察は、2日後


さて、家に帰ると、玄関までの長い階段。。。
何とか、恐々だけどクリア!

リビングに入って、ソファーにドッカリ。。。
やっぱ、家はいいなぁ!
随分、元気になったような気がした。
でもまぁ、めまいや頭痛はまだ少し。。。
吐き気止めも、もらってきたし、とりあえずは大丈夫かな。
って。。。トラベルミン!?

病院では、これが案外よく効いた!
なるほど、乗り物酔いと同じ感覚なのかしら

安心感からか、家では案外、トラベルミンは必要なかった。
食事も、好きなときに好きなように摂れる!
ただ。。。
半分の味覚がないのは、甚だ面白くない。。。
早速調べるけど、長い方は1年ほど、
味覚が戻るのにかかったそうな。。。

パンが、まずい!
大好きなパンが、味気ない!
味覚がある左の舌の方で、食べるのだけれども、
半分の味覚というだけでなく、
味覚のないところのまずい味もプラスされる。
ぅ〜〜〜む。。。
初めての体験!

あと、心配だったのは、家の中の階段
手すりはあるものの、夜中の寝ぼけた体でトイレに行くことがあったら
ふらついて落っこちないか。。。

でもこれも、慣れ親しんだ家のこと。そんな心配はすぐに消えた。

拍手[9回]

『Yさん!ハイ!終わりましたよ!!!』

エッ。。。麻酔をかけられたこともわかってなかったので、
ふぅ〜〜〜ん。。もう?終わったん?
2・3時間かかってるはずだけど。。。

ぅん〜寝足りないよぉ〜。。。
なんか、眠いのに、頭だけいろんな考えが巡って、起こされてる感じ。
頭が重い感じかなぁ〜。。。

耳の辺りは、しっかり痺れてて、感覚なし!
勿論、動かすなんて怖いし、
首から上は、ともかく、そのままそのまま。。。

あ。時間。11時半。かぁ。。。
2時間位かなぁ〜手術時間。。。
喉が、いがらっぽい。痰が絡む感じ。
でも水分はまだお預け。。。辛いな。
咳き込むし。。。

挿管麻酔のおかげで、そうなるのだそうな。
でも、医療ドラマで見たほど、挿管て大変んじゃないんだ。
どうでもいい事が、巡ってくる。。。


『ハイ!お水イイですよ。』待望の3時間が過ぎた!
口に水をいれて、浸して出す感じ。
めまいというか、フラフラなんだけど、トイレとか行っていいそうな。
勿論、看護師さんに付いてもらい、点滴の台を握りしめてだけど。。。

トイレに行きたい!と言うほどでもないけど、
早く体を動かした方が、早く回復する気もして、
頑張ってみる!

体を起こすだけでも、めまいというか、
頭がフラフラで、シンドイけど、
大病院では無いので、
病室のすぐ前に、広い綺麗なトイレが有る!
何とか上手くいったけど、水を流したり、少し動くだけでクラッ!
当然、バーが有るので、しっかりつかまって。。。


そのうち水分もとれ、お昼ご飯に用意しておいた、
コンビニのおにぎりを、食べてみる!
何事も、早く回復!の為。。。

口には、美味しいような気がしたけど、
やはり、めまいと、頭痛で、重い感じ。。。
そのうち、吐き気が。。。
結果。食べたものは、ごめんなさい。


先生の回診もあり、最初に私が聞いたのは。。。
耳硬化症でしたか?』
『ハイ!』
ホッと一安心。手術が無駄ではなかったんだ!

『内部の組織と繋がっているところは、そのままで、細い所だけが
ポキッと折れました!
なので、リンパ液の心配もありません。
経過もイイですよ!』
そっかぁ。。。まずは、順調なんだ。。。良かった!


そうこうする内に、早めのお夕飯!
少しでも!って、頑張って食べてみる!
!?   味が。。。
変!!!
右半分が、味が無い!
エッ!?これかぁ〜。。。
ちょっと不安に。。。

先生に聞いてみると、
味覚神経は、切ってませんから、大丈夫です!』
ぅむ。。。安心したものの、ちょっと不満。。。
いつまでかかるんかなぁ〜

そんな夕飯も、
やはり。。。全て無駄に。。。


無謀にも、iPad持参で来た私。。。
でも、イチイチIDや、パスワードを入力しなければならず、
とても、無理!

TVは、つけてるけど、右耳を上にして横になっているので、
大きなガーゼも付いてるし、手術後機能が完璧なはずもなく、
何と無く、鳴ってる感じ。
それでも、先生が、そのガーゼを上からゴソゴソ擦ると、
カサカサ聴こえている


そして、その夜は、宵っ張りの私は、遅くまで眠らず。。。
眠れずの方が、正解かな?

夜には、点滴も取れて動きやすくなったものの、
だるいのと、めまいは、それなりにしんどかった。

て、ここで、気づかれたかな?
そう!麻酔も、どんどん覚めて行ってるのに、
怖がっていた耳の傷口の痛さ。。。

。。。無い!
耳の辺り全体が、痺れてて、感覚が無いのだけど、
本当に、切ってるよね!?っていう位、痛みは無い!

イヤ!そんなはずはない!安心してたら、きっと来るんだ!
と、その夜は、更けて行った。。。

拍手[5回]

って、心に決めて、予約をお願いに行ったのが、
去年の10月頃だったかな。。。

ま。2・3ヶ月待ちは、分かってたけど、
季節の事やら、お正月に掛かるのも。
って、心配してたけど、そんな悩みは、一瞬にして吹き飛んだ!

『今からですと、3月末以降になります』
『エエッ!?
笑うしかなかった。。。

すごい人気なんだ!!!
こうなると、人間。慌てるもので;^_^A
4月末の連休前
を予約した!ふぅ〜。。。

すぐで無いのと、心を決定した安心感で、ホッとした私。
とは言っても、やはり、あれよあれよと、時は過ぎ。。。


一ヶ月前検診。
手術や、全身麻酔に耐えれるか、色々チェック!
肺活量なんて、何年ぶり!?
舌の味覚神経の検査もあったりして。。。

なぜ?
耳の後ろを切って鼓膜を切って、内耳のあぶみ骨の手術なんだけど、
味覚神経が通ってるんだそうで。。。
それを切ったらしたら、右耳の味覚神経は、悲しいことに。。。

私の気持ちを察してか?看護師さんが
『大丈夫!こちらの先生は、お上手ですから。。。
ただ、人によって、戻るまでちょっとかかるようですが。。。』

めまいは、先生からも、術後はあるようです。と、聞いてたけど。。。
ま。全く無くなるんじゃないし、治るんだし、いっか!


そして、2週間前
親族も交えて、手術の説明。そして、受諾書にサイン!

質問は?と聞かれるけど、ある程度は、事前にネットで分かってるし、
これと言って、無いような。。。
でもやはり、最悪の場合は?

いくら小さい骨でも、奥の組織と切り離す際に、
リンパ液が、流れ出すのだけど、
通常は、いずれ止まり、めまいもそれにより改善される。という事。

ところが、ごく稀に、リンパ液が、ドッと流れて止まらない場合もあるそうな。。。
その場合は、耳は、聞こえなくなるそうな。。。

両耳、耳硬化症の方も有るのだけど、幸いにして私は
とりあえずは、左耳は大丈夫なので、
ま。聞こえなくなることは無いという、安心感。

めまい。味覚。そして、リンパ液異常が気になるものの
心配していたら、キリがないし。。。

病院によっては、耳の穴から、鼓膜を開けて手術の所も有るけど、
こちらは、耳の後ろを、耳の形に沿って切り手術する。

怖がりな私は、
『アトピーで、耳の下を少し切っても痛いんだから、
5・6cm切ったら、麻酔が覚めたら、痛いんだろうなぁ。。。』
と言う不安も有った。
ちなみに、その切り口は、中で縫って、
見える皮膚の所は、縫わずに閉じるそうな。。。
それだけ、凹んだトコだから、くっつくのかなぁ〜って。。。
耳は、顔の横なんだけど、後ろ側だから、見た目的には、
全く問題無し!

やはり、日に日に手術が迫って来ると、何か怖い!
治るかどうか?という事は、悩んでも仕方ないから、
天に任せるのだけど、
手術その物の怖さ。。。

ちょうどその頃、海外ドラマのグレーズ・アナトミーで、
手術的には、大成功したのに、全身麻酔から患者が起きず、
臓器不全になり、亡くなってしまうのも、見てしまった!
ま。そんなケースは、全く稀だろうし。って、思いつつ。。。


前日は、夕飯以降絶食で、水分も、11時まで
割りと、キツくない。


手術当日
午前手術で、朝8:30に、息子(naoki)に付き添ってもらい入院。

どこまで行っても、雨女。。。しとしとの雨。。。
術着に着替えて、血圧を測ると、低血圧気味の私が、!?高い。
『皆さん、手術の前は、上がるんですよ。』
ニッコリ看護師さん
そうこうする間に、手術台に。。。

麻酔医の方が、手際良く運ぶ。
前にも聞いてたのだけど、全身麻酔で、呼吸を確保する為に、
喉に管をいれる挿管麻酔をされるのだけど、
これは、麻酔がされてから、入れられて、術後覚醒前に抜かれるので、
分からないうちに終わってるそうな。。。

点滴もされて、。。。。。即、夢の中。。。。。

拍手[11回]

この病名自体、ご存知の方は、とっても少ないと思う。
私も、その一人だったから。。。

これから、私のたどった道を、あくまで私個人の主観を交え、
ちょっと曖昧な?覚え書きで、記しておきたいと思う。。。

なので、全ての方に当てはまる内容ではない事。
医学的にも、無知である事は、お許し願いたい。
ただ。。。
私も欲しかった情報を、少しでも同じ思いの方に参考になれば!
と思った次第である。。。
 

1, 症状
なんか、耳が、ポーンとした感じだなぁ?
リンパ液でも溜まったのかなぁ?
…たいして、心配もなく、聴覚の衰えも、どちらの耳の異常という事も、感じ無かった。
なので、即。耳鼻科に走ることもなく、治らないので、ま。行っておこうか!のレベル
 

2, 通院
いつもの耳鼻科に行ってみる。
聴力検査をされ、ここで始めて、右耳が聴力が落ちている事を知る。
突発性難聴を疑われ、いっぱいの薬を処方され、こまめに通院。。。
一ヶ月ほど通院して様子をみるも、変化無し。。。
仕方なく、治療も出来ぬまま、原因も病名も解らず、通院をやめる。

ただ、さほどひどい難聴ではないので、気にはなるものの、
聞こえに関しては、余り不便を感じなかった。
が、時折、ポーンとした感じは、不快感だった。。。

そんな一ヶ月後、違う耳鼻科に行ってみた。
薬は違うものの、同じような対応の様で、
やはり改善は見られず。。。
そうこうするうちに、色んな身体の異常が出て来た!
・動悸   時折、息苦しい
・頭痛 (偏頭痛は、持病)
・夜、長く睡眠出来ない。目が覚めると、1時間置きに目が覚める
・気分が暗くなる
・だるく、やる気が起きない
・37度程の微熱が、ほぼ毎日出て、一ヶ月ほど続く。

ストレスや、精神疾患も、疑われ、そちらの病院の診察を勧められ、
とりあえずは、内科と、婦人科を受診
更年期障害対応と、精神安定剤的な漢方薬で、
上記の異常を何とか脱する!

さて、体は戻ったものの、老化現象では無い難聴と言うか、
ポーンとした状態は、病名も解らず、悶々とする。。。
そんな居り、近くに、CTも完備した大きくて新しい耳鼻科を見つけ、
最後のとりでと思い、通院する。

今までの症状及び、処方状態、CT検査、聴力検査とかで、
全く思っても居なかった、病名が判明する!!!
最初に行った耳鼻科から、10ヶ月が過ぎていた!

耳硬化症
全く始めて聞く病名。
そして、手術可能で、90%ほどの確率で治る!という事!

病気であった事、病名が分かったことだけでも、
すっごく嬉しかったのに、治る可能性が有るなんて!?
手術っていうのは、怖いは怖いけど。。。

まずは、ネットで、病気について、又手術された方についてなど、
必死に検索する。。。

・鼓膜の奥の内耳の部分に有る、3つの耳小骨のうち、
一番小さく奥にある、あぶみ骨が硬化し、
上手く音を伝えらなくなる病気
・低音部の難聴が見られる。
(老化によって高音域は、難聴になって行くけど、低音は通常余り落ちない)
・私は、聴力検査で、2000Hz辺りの音が聞き取りにくく(60dB)、
グラフでは、その部分で、V字を示していた。
・原因は、解らず、薬では治らない。
・お産等で、悪化することが多い。
・遺伝性の事もある。
・日本人には少なく、欧米人に多い。
(海外ドラマのCSIの主人公のグリッソムが、発病し、手術を受ける)
・悪化するスピードは、決まっていない。
・ベートーヴェンも、この病気だったかも!?と言われている。
(ピアノの音は比較的聞こえていたが、弟子達の低い声は、聞き取りにくかった)

そうして、私の年齢(還暦を過ぎた熟女?)。症状のレベル。を考えて、
手術をすべきかを、
そこの病院の、耳の手術を凄い数こなされて来た先生に、お伺いした。

恐らく、耳硬化症であろう。
手術をするなら、早い方がいい。
ほぼ聞こえないレベルの難聴なら、是非手術を勧めるが、
私のレベルだったら、悩むところ。。。

ちなみに、手術をして直接チェックしてみないと、
耳硬化症であると、断定出来ない病気である。
開けて、耳硬化症で無ければ、そのまま閉じることになる。

言い忘れたけど、あぶみ骨は、人間の骨の中で、一番小さい骨。
その全てでも、3mm位。
直径1mm程の骨を取り去り、ピストンのようなものに、置き換え、
繋がっていた骨に金具で引っ掛ける。
脅威的に小さい顕微鏡の世界の手術。。。

そうして、悩む事数ヶ月。。。
何となく、聞き取りにくくなってきた気がする。。。
友人の楽しい会話も、もう一つ聞き取りにくい。
広いところでは、周り全体がポーンとして、疎外感を感じる。

ゆっくりだと思うけど、老化とは別に、難聴が進んで行くのは、
とっても辛い。。。

まだ、普通に暮らせるのだからと、
ゆっくりの衰えも、納得して受け入れて行くという選択肢。
しかし、私は、この病気による悪化をくい止めるべく、
手術を、決断した!

拍手[12回]

忍者ブログ [PR]
"Chris" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Chris
性別:
女性
職業:
カリカリを与えトイレを掃除し,ニャンずに癒される尊い仕事
趣味:
ニャンずの心を読むこと
自己紹介:
★Mie♂享年15才
ペルシャ系mix
おいらは、ミー。
ミーニャン。ニャニャとも言う
おかーさんのお膝をこよなく愛すニャン♪
残念だけど、これからは、
アメショーのクッキーお兄ちゃんと、
お空から見守るニャン!

★Sue♀8才
スコティッシュフォールド
私は、スー。
スーニャン。ピューニャンってかわゆく呼ばれたりもするわ抱かれるのは大嫌い。。。
でも、私からはスリスリしてあげるの。
ちょっと、寂しくなったから、
おかーニャンに甘えたり鳴いたりするようにもなったの。。。
今度来た弟は、あそぼぅ~~~って、
飛び回るのよねぇ。。。

★Luckn♂1才になっっちゃいました!
元気イッパイ!ラッ君どぇ~~~す!!!
お膝大好き。抱っこも大好き。
お遊び大好き。食事は、
とぉ~~~~っても、大好き!
特に、スーお姉ちゃんの餌が気になる僕
一緒なんだけどね^^;

子供の時から変なクシャミするよなぁ~~~って
気になってたんだけど、肥大型心筋症と判明。。。

ま。。。良くわかんないけど、付き合っていくしかないし、普通は元気だし、頑張るニャン!!!
そんなお友達もいるだろうから、
おかーニャンが、ブログで紹介がてら様子を書くみたい。
格好良く、ステキな僕に書いてね♪
最新コメント
[08/20 KIRARA]
[04/10 MANA]
[04/08 MANA]
[12/25 Chucky]
[08/11 kazu]
mail
カウンター
バーコード
ブログ内検索
2017
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev
02月
next
04月